石畳図案の刺し子ふきんの作り方

石畳の図案の刺し子ふきんを刺しました。

くぐり刺しがちょっと複雑で、自分でも忘れてしまいそうなので、記録としてブログに残しておきたいと思います。

動画でご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

では、作り方です。

晒しを仕立てて、方眼線を引きます

晒しを準備します。

半分に折り、5ミリほどの場所を縫います。

表に返してアイロンをかければ、晒しの仕立ては完成。

もっと詳しく仕立て方を知りたい人は、こちらの記事やyoutubeの動画を参考にしてみてください。

こんにちは。刺し子ふきんのちるぼるブログをご覧いただき、ありがとうございます。 刺し子ふきんキットを使って、いろいろな刺し子ふ...

仕立てた晒しに方眼線を引きます。

詳しくはこちらの記事か動画で、ご覧ください。

一目刺しの刺し子ふきんを刺すためには、方眼線が必要になることが多いです。「地刺し」と言って、方眼線を書かずに刺す方法がありますが、初心者には...

刺し始めの処理の仕方

まず刺し始めたいところの3目ほど手前から針を入れます。

裏側には糸が渡っていません。布の間に糸が渡っています。

布の間に渡した糸を刺すようにしながら、刺し進めます。

裏側はこんな感じです。

次の行に行く時の処理方法

一行刺し終えて、次の行に行く際は、布の間に糸を通して次の行の刺し始めに進みます。

横線を刺していきましょう。

表側です。

裏側です。

刺し終わりの処理方法

裏側に半返し縫いの要領で処理します。この時、糸は表に渡さず、布の間に渡します。

3目ほど半返し縫いしたら、布の間に数センチ糸を渡しておきます。糸端は短くカットです。

刺し始めや刺し終わりの方法は色々あります。

よかったら下記も参考にしてみてください。

刺し子ふきんを作るときに、よく悩むのが刺し始めと刺し終わりの糸の始末の仕方。今までもブログでコツを何度か説明してきましたが、今回は始末の仕方...

縦を刺します。

縦を刺していきます。

表側です。

裏側です。

くぐり刺しをしていきます。

一周くぐらせたら、対角線方向に1目刺します。

1周くぐらせて、1目刺すのをこのように繰り返します。

裏も綺麗に仕上がります。

表面です。

裏面です。

まとめ

今回の図案は結構上級者向けですが、一度理解できればそれほど難しくはありません。

ふかふかして気持ちのいいふきんができあがりました!


インスタでは刺し子の作品のご紹介、youtubeでは初心者でもわかりやすいように刺し子ふきんの仕立てや、刺し始め刺し終わりの処理などの動画をまとめてあります。

ちるぼるのインスタグラム

ちるぼるのyoutube

のんびり更新ですが、気長にご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク